ご挨拶


 

 

 

 人や町の温もりや物語が感じられ、懐かしさを奏でる“遥かな町倉吉”この白壁土蔵地域の一画に百年以上前に建てられた旧国立第三銀行倉吉支店の蔵が、「くらよしアートミュージアム 無心」として生まれ変わりました。

 

 「くらよしアートミュージアム 無心」は、倉吉市、鳥取県及び地域住民の皆様のご協力により地域の資源を活用した、町と福祉と文化の連携による独創的なミュージアムとして誕生しました。

 

 “無心”とは禅の極意、究極の精神世界です。作家たちは、既存の価値観にとらわれず、評価されることを目的とせず、ただただ無心に自由奔放に作品を作り続けています。

 

 当館は、この創作活動を支援し、そのアートが当り前に存在する社会、多様性のある社会へと社会の価値観を変革することを目指していきます。

 

 

NPO法人「アートピアとっとり」代表

「くらよしアートミュージアム無心」館長

「あいサポート・アートインフォメーションセンター」センター長

田村 輝彦